Image: <SamsungMobileNL/YouTube

ハイテクスーツで目指せゴールドメダル!

スポーツは根性ではなく、科学技術でハイスコアを狙う時代になって久しいかと思います。ですが最近のスマートフォンと連携するガジェット類は、特に目を見張る進化を遂げており、やはりこれをスポーツに活かさない手はないでしょう。そこでSamsung(サムスン)が開発したSmartSuitの登場です。

リアルタイムで選手の動きや姿勢のデータがコーチのスマートフォンに転送され、もし膝や腰の位置が高いと「姿勢を落とせ」ボタンで選手の腕輪に振動で伝える仕組みになっています。

一汗かいてからアレコレいわれるよりも、瞬時に改善点を知らされるほうが効率的ですもんね。

センサーが認識するのは腰、両もも、両スネの5箇所。これらの角度や互いの距離から姿勢を検知・計算します。それがすぐさまコーチのスマホに転送され、腰の高さや膝の開いた角度などの情報が映しだされるのです。

Samsungは平昌冬季五輪のスポンサーで、オランダのショート・トラック・スピード・スケートで活躍するシンキー・クネフト選手とシュザーナ・シュクルーティング選手のスポンサーでもあることから、このスーツの開発に至ったようです。彼らが平昌冬季五輪に出場したら「彼らはSamsungのスマートスーツで練習していたんだな」と思い出してみましょう。

ちなみにSamsungによると、アプリは同社のGalaxy S8じゃないとインストールできない模様。うまくできてますね。

Image: YouTube
Source: YouTube, Fresh Gadgets via Samsung

(岡本玄介)