井上尚弥、ジェルウィン・アンカハス【写真:Getty Images】

写真拡大

統一戦を希望していた“プリティボーイ”が改めて称賛「彼が最高のボクサー」

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は統一戦が叶わず、V7を達成した昨年12月30日のヨアン・ボワイヨ(フランス)戦を最後にバンタム級転向の意向を明言。そんな王者に対し、期待を集めながら統一戦が幻に終わったIBF世界スーパーフライ級王者の“プリティボーイ”こと、ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)は「イノウエがNO1」「夢の対戦相手」と“惜別”の賛辞を送っている。

「マニー・パッキャオ二世? 違う。彼はジェルウィン・アンカハス一世だ」と特集したのは、フィリピンメディア「Rappler」だった。

 アンカハスは2016年9月に王座獲得し、現在、3度連続でのKO防衛に成功している強打のサウスポー。史上2人目となる6階級制覇のフィリピンの英雄、マニー・パッキャオの運営するMPプロモーションズに所属し、「パッキャオの後継者」として母国では期待を集めている。

「すごく大変だよ。人々はサー・マニーの後継者になると話題にするたび、すごくプレッシャーを感じている。サー・マニーの足跡に続くためには何年もかかることは誰もがわかっているよ」

 記事によると、アンカハスはこう語っている。陣営はこれまでも常々、井上との対戦を公に要望し、井上側も歓迎の姿勢を見せていたが、実現には至らなかった。それでも、アンカハス自身は井上を評価し続けている。

アンカハスが語った井上「彼が最高のボクサーだから、彼が夢の対戦相手」

「マネージャーが連れてきたどんな相手でも戦う」と語る一方で「イノウエはナンバーワン。彼が最高のボクサーだから、彼が夢の対戦相手。ファイターとしては、常に優秀なファイターと対戦するのが夢なんだ」と語ったという。

 米ボクシング専門誌「リング」の17階級の全ボクサーの実力を格付けした「パウンド・フォー・パウンド」でも7位に選出されている井上。強敵が対戦を回避するほどの強さを誇る孤高の「Monster」を、プリティボーイも「ナンバーワン」「最高のボクサー」と改めて称賛していた。

 井上が統一戦実現を望んでいた、2月のスーパーフライ級の猛者が集う一大イベント「Superfly2」は米テレビ局「HBO」で中継される。一方で、アンカハスが2年6試合の契約を新たに結んだトップランク社は、米テレビ局「ESPN」と独占契約を締結。アンカハスの「Superfly2」参戦が不可能となり、米国での統一戦は幻となった。

 すでに井上の視線はバンタム級へと移っている。同級には“11秒KO男”WBO世界王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)、WBC世界王者のルイス・ネリ(メキシコ)、そのネリと3月1日にタイトルを争う山中慎介(帝拳)ら、世界のボクシングファンが対戦を期待するビッグネームの名が並ぶ。

 スーパーフライ級のライバルも称賛した強さを、バンタム級で見せてくれるか。新たなフィールドの活躍に期待が集まる。(THE ANSWER編集部)