ブンデス公式「オープンゴールでのミス5選」 香川の味方直撃“幻のゴール”が2位選出

写真拡大

ブレーメン戦の決定機で放ったシュートがオーバメヤンを直撃してチャンス逸

 数多のビッグチャンスをものしてきたトップ選手でも、時には目を疑うようなイージーミスを犯してしまうのがサッカーだ。

 ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルは「オープンゴールでのミスTOP5」と題した動画を公開。無人のゴールへ押し込むだけという絶好機でのミスを集めた映像には、ドルトムントのMF香川真司の悲劇もピックアップされた。

 絶好のチャンスでシュートミスを犯した選手を取り上げた特集では、5位に香川とドルトムントで同僚のウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコ、4位にケルンのFWセル・ギラシー、3位にヴォルフスブルクのベルギー代表FWディボック・オリジと実力者の名前が並ぶなかで、2位に香川が登場する。

 そのプレーが生まれたのは、昨年12月9日のブンデスリーガ第15節ブレーメン戦(1-2)。左サイドのヤルモレンコからクロスボールが上がると、オーバラップしたスペイン代表DFマルク・バルトラがファーサイドからヘディングで折り返した。ここへ走り込んだのが香川。相手GKはクロスにつられてゴールは空いている状況。右足でシュートを狙ったが、ボールはクロスバーの上を越えた。

 実はこの場面、香川のシュートはそのまま枠の外へ飛んだわけではなく、ゴール前で足を滑らせて倒れたチームメイトのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンに“ブロック”されたもの。香川を含めたドルトムントの選手が、一様に頭を抱えたシーンだった。

 1位はハノーファーのオーストリア代表FWマルティン・ハルニク。昨年9月30日の第7節ボルシアMG戦(1-2)で、ハルニクは味方の折り返しをボレーシュートで狙ったが、がら空きのゴールまで2メートル弱という至近距離からシュートをクロスバーに当てる痛恨のミスを犯していた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルが公開した「決定機でのミスTOP5」

https://www.youtube.com/watch?v=zhVEaTVF-8Y

ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルが公開した「決定機でのミスTOP5」