加藤未唯インタビュー 前編

「優勝というものがイメージできるようになった」

 加藤未唯(みゆ)は2017年に、WTAシングルスランキングを年初の182位から126位に上昇させてシーズンを終えた。その上昇の過程には、シングルスでグランドスラム初出場を果たしたり、WTAツアー大会で初めて決勝進出するなど、世界の舞台で、加藤は確かな足跡を残してみせた。

 まず、インタビュー前編では、シングルスに関して、2017年シーズンの成長、躍進を振り返ってもらった。


トップ100入りも見えてきた加藤未唯

――2017年2月のWTAクアラルンプール大会では、予選を2回勝ち上がって、本戦1回戦で、第2シードのカルラ・スアレスナバロ(25位、スペイン)に、2-6、6-1、6-3で逆転勝ちました。ツアーレベルでは、2016年8月のWTA南昌(ナンチャン)大会(中国)での初戦突破以来の勝利でした(ツアー本戦マッチ3勝目)。加藤さんが当時201位で、破った対戦相手の中では最高位の選手でしたが、振り返って何がよかったと思いますか。

加藤未唯(以下、加藤) スアレスナバロに勝てたことで、シーズンのいいスタートが切れた感じでした。これまで、一番ダメだったのがメンタルだったんですけど、そのために何かしたわけではありませんし、特に意識はしていなくて、「あ、できるんやな」って気づかされた試合でした。

 プレーがよかったから、メンタルにもいい影響があったんだと思います。私はフォアのクロスをベースにプレーするんですけど、そのショットが有効で相手をコートの外に追い出せた。彼女は高い弾道で打ってきたのに対し、第1セットでは、ボールを落として(低い打点で)私が打っていました。でも、セットを取られてから切り替えて、フォアもバックも(コートの)中へ入って打っていったら、それがうまくいった。スライスも交ぜながらうまくできて、私の判断もよかった。

 今までで一番いい試合だと思っていて、1試合とおして高い集中力でできた印象があります。これを続けられれば、(トップ)100位も見えてくると思えた試合でした。

――5月下旬のローランギャロス(全仏オープン)では厳しい予選を勝ち上がって、グランドスラム初の本戦入りを果たしました(大会時、加藤199位)。


加藤 (全仏前哨戦の)ローマではダブルスだけだったんですけど、試合以外ではコーチとシングルスの練習に時間を使って、それがよかった。その練習の成果もあって、全仏の予選でいいプレーができていた。

 私は体がちっちゃいけど(身長156cm)、クレーで本戦に上がれたのは自信になりました。何かクレーは好きなんです。初めて(グランドスラムの)予選を勝ち上がれたのはクレーだったので、すごく嬉しかったですし、自分の中で意味がある。初めて上がったのがウインブルドンだったら、そこまで嬉しくなかったかなって。

――もともとレッドクレーというサーフェスは得意だったのですか。

加藤 クレーは好きで相性がいい。ジュニアの時に、グランドスラムのシングルスは1勝しかしてなくて、それがクレー(2011年、ローランギャロス)でした。プロになってから、(2016年のローランギャロスで)初めてグランドスラムの予選で勝ったのもクレーで、そして今回、本戦に初めて入れたのもクレーでした。

――勝利を決めた瞬間は両手でガッツポーズして、雄叫びをあげましたが、あの時はどんな気持ちでしたか。

加藤 (ガッツポーズは)本戦に上がれたというものではなくて、競り勝てたという感じでした。今までずっと予選で負けていたので、もちろん嬉しかったですけど、それ以上に疲れていたので、そんなに喜ぶ気力もなかった。


全仏オープン予選を通過し、本戦出場を決めてガッツポーズ

――グランドスラム本戦の舞台に初めて立てたという特別な気持ちはありましたか。

加藤 グランドスラムは特別と言いますけど、1試合は1試合で、一緒なのでそこまで特別感はないです。やっぱり勝ちたいのはグランドスラムですけど、ふだんのツアーでの戦いがポイントを支えているので、どちらかというとその方が大切です。

(1回戦では)試合がどうというよりも、すごく疲れていたし、足も痛かった。本戦でプレーできてよかったという最小限の喜びでした。

■2017全仏オープン
 1回戦 4-6、0-6 テイラー・タウンゼント(121位、アメリカ)

――フォアハンドストロークのクオリティーが上がったなと見ていましたが、加藤さんの感覚は、どうでしたか?

加藤 それはもともと自信がありました。ローランギャロスの予選でも、それまでの試合でも。


――8月下旬のUS(全米)オープンでは、予選決勝までいきましたが、レベッカ・ピーターソン(196位、スウェーデン)に敗れました。試合に負けた瞬間に、なぜラケットを、スコアボードに投げて壊してしまったのでしょうか(大会時、加藤179位)。

加藤 そうですね。感情を抑えられていたら、(ラケットを)投げていないですね。あれは試合(内容)からきたものなので。ファイナルセットで私が先にブレークして(3-1)、そこからちょっと私が消極的になって負けた。(ファイナルセット第10ゲーム、加藤の4-5、加藤のサービスで)最後0-40になって、デュースに追いついたけど……(結局、加藤がブレークされて負けた)。

“勝てた試合”ということはないと思います。実際負けているので。でも、勝てそうな試合ではあったんで、もったいないなという感情もあり、悔しさからきたことだったんで……。(ラケットを投げた行為に)後悔はないですけど、あれはダメな行為なので、反省しなきゃいけないことだった。それは、試合後コーチから一番に言われました。

――USオープン予選の後、きちんとリセットして、心の整理はできていましたか。

加藤 できました。次が日本での大会ということもあって、絶対感情を出さないようにしてプレーしました。コーチに言われたからではなく、自分の中で整理しました。

――9月上旬のジャパンウィメンズオープンでは、大会時の加藤さんのランキングは171位でしたから、予選を上がれれば上出来という感じだったのではないでしょうか。

■WTAジャパンウィメンズオープン
予選1回戦 7-6(1)、4-6、6-4 クリスティー・アン(121位、アメリカ)
予選2回戦 6-3、6-0 バシャック・エライドゥン(172位、トルコ)
予選3回戦 6-3、2-6、7-6(3) マグダレナ・フレッチ(190位、ポーランド)
1回戦   6-3、6-4 日比野菜緒(71位、日本)
2回戦    7-5、6-3 クリスティーナ・プリスコバ(44位、チェコ)
準々決勝  6-1、6-3 アレクサンドラ・クルニッチ(67位、セルビア)
準決勝   4-6、7-6(1)、6-4 ヤナ・フェット(123位、クロアチア)
決勝    2-6、5-7 ザリナ・ディアス(100位、カザフスタン)

加藤 今まで以上の成績を残したいと思っていて、それまで(WTA)ツアーで(本戦)2回戦を突破したことがなかったんで、まずはそこを抜けるようにと思っていました。でも、2回戦を勝った時は「優勝しかないな」と思っていました。あまり目標をチマチマ立てるタイプではないので、今までできていなかったことができて、(初のベスト)8になった。次はベスト4といったら、それで満足してしまう可能性もあったので、目標を高くしないと勢いを止めかねないと思い、高く設定しました。


――今までできていなかったことができたというのは、具体的にどういったことですか。

加藤 ストローク戦にはもともと自信があったので、東京での試合で急にできたというわけではないんです。あくまで継続してできていることなので。やっぱりメンタルからきているというか、何度も苦しい場面があったので、それを耐えて取ることができた。そこは自分でも評価したい部分です。

 決勝は予選上がり同士の対戦だったので、どちらにもチャンスはあったと思いますけど、前日の試合(準決勝の終了時間)が結構遅くて、寝るのも遅くて最悪の状況でした。それでも、その日のベストは尽くしたんですけど、”一番のベスト”からはほど遠かった。疲労もあったし、寝るのが遅かったのが一番影響しましたね。


――WTAツアーでの準優勝は、加藤さんにとってどんな意味がありましたか。

加藤 誰もがグランドスラムで優勝したいとか、ツアーで優勝したいと思うんですけど、まったく勝てていない状態で優勝したいと思っても、あんまりイメージができなかった。だけど、全豪ダブルス(2017年のベスト4)の時のみたいに、あそこまで勝てて、次は優勝できるチャンスがあると感じることができた。

 それと同じで、シングルスも今までイメージがそんなに湧かなかったのが、今回の準優勝によって、優勝というものが手に届くところにきたと思いますし、イメージできるようになった。ランキングも上がって、100位も目前になって、まだまだできると思えた。

 どうせなら優勝したかったですけど、また、次越えられるように頑張りたいですね。(優勝は)次回にとっておくことにして、よく頑張ったなと自分を褒めたい。


――東京(ジャパンウィメンズオープン)で印象に残っている試合は?

加藤 1回戦と準決勝ですね。(1回戦は)どんなに攻められても、ディフェンスには自信があるので、そこからチャンスがあればという感じでしたが、最後まで自分のベストを尽くせた。

(準決勝は)予選からベスト4進出ということで、もういいかと思ってしまう選手もいると思うんです。しかも、第1セットを取られて、第2セットも劣勢になった場面(加藤1-4)で、ちょっとあきらめてしまう状況でもベストを尽くせた。

 第2セットの途中からラリーが長くなって、試合時間も長くて体力的にもきつい試合だったんですけど、ああいうフィジカルバトルになったら、絶対大丈夫という自信はあった。その自信が、いいプレーにつながった。

――加藤さんの自信は、ふだんのトレーニングから培われたものなんですね。

加藤 長距離も短距離も自信があります。とにかく日々のトレーニングの成果だと思います。

――雨によって準決勝と決勝は有明コロシアムでのプレーになりましたが、雰囲気はどうでしたか。

加藤 外のコートよりコロシアムの方が、ちょっとコートが遅いんです。私は(球足が)遅い方が好きですし。会場の雰囲気もよかったですね。屋根が閉まって、音が響いていたのもあるんですけど、すごく拍手をしてくれて、それが嬉しくて笑ってしまいそうだった。やっぱり嬉しいじゃないですか。応援が力になりますよね。観客が多いほど嬉しいし、(気分が)高まるので、いいプレーがしやすかったと思っています。

――表彰式で、準優勝トロフィーを手にした時、どう思いましたか。

加藤 すごく嬉しかったし、WTAのシングルスで初めてだったので、頑張ってよかったと思えた。でも、やっぱり優勝トロフィーが欲しかったなと横目で見てました。

――自分へのごほうびは何か買ったのですか。

加藤 年齢は上ですけど、オーストラリア人の友だちが日本に来ていて、私の試合を予選から全部応援してくれて有り難いなと思った。その人に何かしてあげたいなと考えて、ランチで「久兵衛」へ一緒に行って、お寿司を食べました。私が前から行ってみたかったお店だったんです。


――東京での準優勝によって、WTAランキングは126位へ上がりました。

加藤 ん〜、ランキングは気になりますね。グランドスラムの予選か本戦か、そこに大きな壁があるので(グランドスラムの本戦ストレートインの目安は108位)。全仏で予選3試合をプレーしてから、本戦1回戦を戦っていた時に、予選をしている場合じゃないなと思った。できれば早く本戦にいきたい。だから早く100位以内に入りたい。もし、仮に(予選を)3試合勝てる保証があったとしても、それでもきついと思います。

――2017年シーズン、加藤さんは自己最高のシングルス123位(2017年9月18日付け)を記録しました。今のポジションをどう思いますか。

加藤 初めてグランドスラムの予選に出たのが、20歳の時で、(2015年)USオープンでしたが、その時から1年ごとに自分の目標を書いていたんです。けど、それには程遠いです。そこには、2016年にトップ100に入って、2017年に70位ぐらいに目標設定していました。2016年は、グランドスラムやWTAの予選に挑戦して、なかなか勝つのは厳しいと思い知らされた1年でした。2016年に比べると、2017年では、シングルスでもダブルスでも勝てたので、大きな成長はあったと思っています。

180位ぐらいだと、トップ100までかなりポイント差があるんですけど、120位台につければ、(トップ100までの)ポイント差が狭まってきているので、イメージできる範囲にはなっています。

(後編につづく)

◆女子テニス「94年組」座談会。人の話を聞かない困ったちゃんは誰?>>

◆錦織圭、復帰に向けて。軽いラケット、柔らかいボールから>>>

■テニス 記事一覧>>