高官級会談で共同報道文を交換する韓国の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官(左)と北朝鮮の李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員長=9日、板門店(写真共同取材団=聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮が9日の高官級会談で軍事的緊張状態の緩和に向けた軍事当局者会談の開催で合意したことについて、韓国の国防部当局者は10日、「軍事会談の全ての焦点は平昌五輪の開催成功に当てられる」と述べた。

 また、「平昌五輪の開催成功を支援するためには(北朝鮮訪問団の)陸路移動も必要で、双方が協力する事項があるため、緊張緩和は先行課題」と説明した。

 北朝鮮が会談で韓米合同軍事演習の中止などに言及する可能性があるとの指摘については、「最もやりやすい問題から一つずつ取り組み、会談は長官級から実務級までいろいろあるため、段階を踏みながら進めていく」との姿勢を示した。

 まずは平昌五輪の開催成功に向けた緊張緩和問題に集中し、徐々に格を引き上げて会談を重ねていく方針とみられる。