阪神大震災の被災者らが住む兵庫県内の災害復興住宅 2017年は64人が孤独死ウレぴあ総研

阪神大震災の被災者らが住む兵庫県内の災害復興住宅 2017年は64人が孤独死

ざっくり言うと

  • 兵庫県内の災害復興住宅で、2017年1年間の孤独死は64人だった
  • 2016年より2人少なく、仮設住宅が解消した2000年以降の累計は1027人
  • 復興住宅は一般住民も入居可能で、全員が阪神大震災の被災者かは不明という

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング