出光佐三・元会長(共同通信社)

写真拡大

 社史とは会社が辿ってきた歴史の記録だが、それだけではない。日本最大の社史コレクションを誇る神奈川県立川崎図書館で社史の活用に力を入れてきた司書(科学情報課)の高田高史氏が語る。

「世界にこれほど社史を刊行している国はありません。社史には会社の考え方や社風が詰まっています。日本企業の独自文化といえます」

 百田尚樹氏の小説『海賊とよばれた男』のモデルである出光佐三氏が創業した出光興産が、2012年に刊行した『出光100年史』には、小説顔負けの伝説的エピソードが書かれている。

 1953年、イラン情勢が緊迫化する中、出光はタンカー「日章丸」を派遣する。このとき佐三氏が乗組員に送った檄文が掲載されている。

〈ここに我国は初めて世界石油大資源と直結したる確固不動の石油国策確立の基礎を射止めるのである〉

 社史にはDVD3枚組が付録となっており、その1枚は佐三氏を描いた3時間に及ぶ映画『日本人』。劇場公開作品ではないにもかかわらず、佐三役を黒澤明作品の常連だった木村功、妹を松原智恵子が演じるなど錚々たる顔ぶれが並ぶ。

「映画を付録にした社史は例がないと思います。創業者の生き様を映像として伝えたかったのでしょう」(高田氏)

 創業者の強烈な個性は、日本マクドナルドの社史『日本マクドナルド20年のあゆみ』からも感じ取れる。

 大きく章立てして創業者を取り上げた「藤田田物語」には、「金儲けは正義である」という刺激的な冒頭の見出しとともに、サラリーマンの平均賃金が約1万3000円だった1950年当時に、学生でありながらGHQの通訳アルバイトで毎月5万円を貯めていたというエピソードなど、お金にまつわる逸話が満載だ。

 そして、藤田氏のこんな名言が記されている。

〈金儲けというのは結局は目的ではなく、チャンスを得るための手段ではないかと思います。(中略)要は、目標を持って、1日1日を粘り強く生きていくことに、金儲けの本質があるのではないでしょうか〉

※週刊ポスト2018年1月12・19日号