野村克也氏

写真拡大

9日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、爆笑問題の太田光が、野球評論家・野村克也氏が妻・沙知代さんの死去後にみせた気概を明かした。

番組では、爆笑問題がMCを務めた、8日放送の「ファン1万人がガチで投票! プロ野球総選挙」(テレビ朝日系)を振り返った。

「プロ野球総選挙」で、ゲスト出演した野村氏は、昨年12月8日に亡くなった沙知代さんについて「まだショックから立ち直ってません」「サッチーのおかげでしたから。今まで生きてこれたのは」と弱い口調で話していた。

しかし、太田が「野球界にはやっぱりね、監督がまだまだ(必要)」だと言うと、「そんな存在じゃないですよ。もう古田(敦也)の時代ですよ」とボヤき、スタジオの笑いを誘うなど、立ち直りつつある姿もみせていた。

この番組の収録が行われたのは、沙知代さんが死去して約2週間経ったころだったため、事情も考慮し、番組側がVTR出演を勧めたそう。しかし野村氏は「ぜひスタジオに行きたい」と要望したのだ。

実際、収録時の野村氏は「野球人に囲まれて、野球の話」をしていて楽しんでいたそうだ。その姿について、太田は「本当に鋭いこと言う」「面白い人だね」と評価していた。

【関連記事】
徳光和夫 長嶋茂雄氏と野村克也氏の不仲を推測「目も合わせずに立ち去った」
松本人志が野村克也氏の勘違いに憤った過去「机ひっくり返したろかなと」
野村克也氏が日ハム・大谷翔平に見て取った「一流の証」 審判さえも幻惑?