画像提供:マイナビニュース

写真拡大

健美家は1月5日、2017年12月の「収益物件 市場動向マンスリーレポート」を発表。調査は、毎月新規に登録された収益物件3種別(区分マンション/一棟アパート/一棟マンション)のデータ(物件数、物件価格、表面利回り)を集計し取りまとめたもの。

2017年12月のデータを集計した結果、区分マンションの価格は1,444万円(前月比-6.9%)と、再び1,400万円台へ下落。表面利回りは7.72%(同+0.02pt)と横ばいだった。

一棟アパートの価格については、前月から3.5%増の6,886万円となり、過去12年で最高値を記録。表面利回りは8.80%(同-0.06pt)と、3カ月連続で低下した。

一棟マンションの価格は1億6,746万円(前月比-1.75%)で下落。表面利回りは7.99%(同-0.08pt)と、4カ月ぶりに7%台へ低下した。