イウォビが格下惨敗試合前に深夜パーティ騒ぎ…大麻の報告も

写真拡大

▽アーセナルに所属するナイジェリア代表MFアレックス・イウォビの規律違反が問題視されている。イギリス『テレグラフ』などが報じた。

▽アーセナルは、7日に行われたFAカップ3回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するノッティンガム・フォレストに2-4で惨敗した。この試合に先発出場したイウォビが、試合前日の深夜にパーティに参加していたことが発覚している。

▽『ザ・サン』は、イウォビがノッティンガム戦の2日前の深夜、午前2時37分にロンドンのソーホーという場所でダンスを踊る動画を報じており、プロフェッショナリズムを疑問視した。また、そのパーティでは大麻を使用した人物がいたとの報告もあったようだ。

▽イウォビはノッティンガム戦で低調なパフォーマンスに終始。アーセン・ヴェンゲル監督は、この問題について以下のように話している。

「真実なら、処罰が科される。試合の48時間前に出かけるなんて不可能だ。受け入れがたい。彼と会って話をしなければいけない」

▽一方、ヴェンゲル監督は、イウォビ自身が薬物を使用したとは全く考えておらず、他人が使用していた件についてもイウォビに責任は問わないとしている。

「近くの人がドラッグを使用していたとして何ができるだろうか? 責任は使用者自身にある」