戌年に「尾を振る犬は叩かれず」

写真拡大

 今年の干支(えと)の「戌(いぬ)」の字は物騒で、鉞(まさかり)など柄のついた兵器の形に由来する。また草木の枯れる状態を指すともいう。犬の字を使うのは、覚えやすいようにという配慮からだとか。

 「犬 犬好きを知る」というだけあり、わが家の駄犬は犬嫌いの人に狂ったように吠える。普段はおとなしいが、犬嫌いの隣人の気配を感じると吠え始める。隣人も知らぬ顔をしてくれれば良いのだが、壁をたたいたりして挑発するため、さらに大きな声で吠えて収まるところを知らない。

 「尾を振る犬は叩かれず」ということわざもある。うるさくすると嫌われるが、従順であれば周囲の人に愛されるということだ。仕事を進める上でも、周囲を味方につけた方が効率が良いのは言うまでもない。

 昨年までの各種の経済指標をみると、人手不足なのに賃金が上がらない、景気は悪くないのにモノが売れないなど経済原理とは異なる事象が目立つ。今年もこうしたカオスの中を生きていくことになろう。

 正月の休み気分も一段落。せわしない日常が戻ってきた。尾を振るごとく愛嬌(あいきょう)を振りまいているだけでは、自分を見失うことになりかねない。犬のような鋭い嗅覚はないが、できるだけ正しい方向を見いだしたいものだ。