画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットギアジャパンは1月10日、マルチギガ対応10G×2ポートと、1G×8ポートを搭載した、ファンレス静音設計のアンマネージスイッチ「GS110MX」とアンマネージプラス・スイッチ「GS110EMX」を1月10日より販売すると発表した。

「GS110MX」と「GS110EMX」はマルチギガ(2.5G/5G)対応の10Gbase-Tを2ポート、10/100/1000Base-Tを8ポート搭載し、ファンレス静音設計を採用。

また、19インチラック用のラックマウントキット、マグネット、壁面設置用のウォールマウントキットを同梱、様々な設置方法に対応する。

「GS110MX」はIPアドレスを持たず、設定が不要なアンマネージスイッチで、電源を入れてLANケーブルを差すだけで利用が可能。一方、「GS110EMX」は機器の管理、QoS、VLAN、リンクアグリゲーション、ループ防止といった、中小規模のネットワークで必要とされる設定・管理機能をアンマネージスイッチにプラスした、新しいカテゴリーの製品。

価格は、「GS110MX」が44,000円(税別)、「GS110EMX」は、54,000円(税別)。