中島みゆき 最新アルバム『相聞』アナログレコード(LP盤)数量限定で発売

写真拡大

 中島みゆきの最新オリジナルアルバム『相聞』のアナログレコード(LP盤)が、数量限定で発売開始となった。

その他 関連画像

 『相聞』は中島みゆきにとって通算42枚目のフルオリジナルアルバム。同アルバムは「慕情のためのアルバムですよ。「慕情」の言葉を変えると「相聞」。恋心ということですね。」と中島本人が語るようにドラマ『やすらぎの郷』主題歌となった「慕情」を中心として生まれたアルバム。聴き手を霧の中に引き込むようなイントロが印象的な「秘密の花園」、60’Sのアメリカンポップスアレンジが印象的な恋歌「移動性低気圧」、いじらしい女性の歌「ねこちぐら」、“響き合う波を探して”と歌う「アリア-Air-」、願が強い方が叶うんですかと大人に突きつける「希(ねが)い」など、アルバムの最後を飾る「慕情」まで聴き手を飽きさせることのない楽曲が詰まった一枚になっている。

 アナログレコード化においては、レコード・カッティングの巨匠JVCマスタリングセンターの小鐵徹(こてつ とおる)立会いの元、DSD、PCMの両方の音源マスターの聴き比べを行いDSDを選択。マスタリングでは小鐵氏による繊細かつ豊かな音で中島みゆきの歌声を再現。レコードならではの小さい音から大きい音へのダイナミズムの中に、繊細な歌のニュアンスを堪能出来る作品に仕上がっている。また、ジャケットはアナログレコードならではのA式ダブル(見開き)ジャケット仕様で、昨年11月22日に発売されたCDとは違った迫力ある写真も楽しめる。さらには2枚組の重量盤(180g)仕様となっており、中島みゆきファンに留まらず、アナログファンにも手にとって欲しい1枚だ。

 今回、アナログレコードの発売に合わせて、中島みゆきが難産の末に生まれた「慕情」を含め全10曲に込めた想い、制作秘話を語った今作唯一の本人インタビューが特設ページ他で公開された。

 現在、中島みゆきは2月18日までの間『中島みゆき「夜会工場」VOL.2』を開催中。今年はどんな活躍を見せてくれるのか、中島みゆきから目が離せない。


◎中島みゆき 『相聞』トレーラー [公式]:
https://youtu.be/-zy5aVLNMJY

◎中島みゆき アルバム『相聞』商品特設ページ:
http://www.yamahamusic.co.jp/soumon/