@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

570GT用「Sハンドリングパック」とは?

マクラーレン570GT用の「Sハンドリングパック」が発表された。


パッケージの主な構成内容は下記の通り。

・ハードセッティングのスプリング
・クイックなステアリング
・570S用スタビリティーコントロール設定
・570S用ダンパー/ステアリングプログラム

タイヤはピレリPゼロから変更し、Pゼロ・コルサを選んだ。
 

どれだけの人が選ぶ? マクラーレンの試算


また、2018年モデル向けの仕様変更という形になるが、カーボン・セラミック・ブレーキの標準採用もパックの変更点にあげられる。足まわりは前:15%、後ろ:10%の範囲で硬めた。ステアリングは2%クイックになっているという。


マクラーレンは、570GTのカスタマーの6割がSハンドリングパックを選ぶと見積もっている。また570シリーズのセールスに占める570GTの割合は、80%となる。つまり同クーペのセールスは、今後半分がGT Sハンドリングパックとなる見込みだ。なお、570スパイダーについては、Sスペックのセッティングが標準仕様となっている。

570GT用「Sハンドリングパック」の価格は、4900ポンド(74万円)。