【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、青瓦台(大統領府)で年頭記者会見を開き、北朝鮮への制裁に関し、「独自に制裁を緩和する考えは今はない」と述べた。さらに、「北との対話が始まりはしたが、北の核問題が解決されたということではないため、韓国は制裁に関し国際社会と足並みをそろえていく」とした。

 韓国と北朝鮮は前日に高官級会談を開いている。南北対話が始まったことに関しトランプ米大統領の役割を尋ねられると、「トランプ大統領の功が大変大きいと考える。感謝したい」と答えた。