10日、米国際放送局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは、韓国と北朝鮮による南北閣僚級会談について、専門家から「北朝鮮側の時間稼ぎ」との見方が出ていることを伝えた。写真は南北軍事境界線。

写真拡大

2018年1月10日、米国際放送局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)中国語版サイトは、韓国と北朝鮮による南北閣僚級会談について、専門家の見方を紹介した。

9日に行われた南北会談について記事は「円滑に進んだようで、朝鮮半島の一触即発の緊張状態は和らいだように見える」としながらも、「しかし、米政府高官をはじめとする専門家らは、今回の会談を良いシグナルと考えのは時期尚早だとの認識を示している」と紹介した。

米国務省で国家安全保障問題担当顧問を務めるブライアン・フック氏は「トランプ米大統領はわれわれが圧力をかけなければ南北会談は実現しなかったと確信している。朝鮮半島の完全かつ不可逆的な非核化という目標を達成するまで、われわれは圧力をかけ続ける」とコメント。ニッキー・ヘイリー国連大使も「北朝鮮による核武装の野心は、依然として世界にとって重大な脅威であることを警告する」と語っている。

また、米国務省朝鮮部長、同日本部長を歴任し、現在韓国のシンクタンク・世宗研究所に所属するデービッド・ストラウブ氏は「金正恩(キム・ジョンウン)氏がもし文在寅(ムン・ジェイン)大統領による南北接触の強い願いを利用して国際社会の対北朝鮮制裁を緩和させようとしないならば、彼は非常に愚かということになる。金氏はいつでも韓国や米国に責任をなすりつけて会談を反故にし、以前の状態に戻すことができるのだ」と指摘したという。

この他、米シンクタンク、センター・フォー・ザ・ナショナル・インタレストの国防研究チーフであるハリー・カジアニス氏は「実際のところ、会談は金氏が米国本土を襲撃可能な核兵器を開発するための時間稼ぎに過ぎない。米国本土襲撃に不可欠なミサイルの大気圏再突入技術を手に入れれば、北朝鮮は会談に興味を持たなくなるだろう」と指摘している。(翻訳・編集/川尻)