会見で報道陣の質問に答える文大統領=10日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日の新年会見で、「条件が整い見通しが立てば、いつでも南北首脳会談に応じる考えがある」と述べた。

 また、南北関係改善とともに、北朝鮮核問題の解決も実現しなければならないと強調。「北の核問題が解決されてこそ、南北関係が改善されるし、南北関係が改善されてこそ、核問題を解決できる」と話した。

 ただ、会談のための会談は目標にならないと指摘。北朝鮮が再び挑発を行い、誠意を示さないなら国際社会は強力な制裁と圧力を加えると釘を刺した。