◇米国「南北会談を歓迎」 北朝鮮の平昌五輪参加に   

 米国務省のナウアート報道官は9日(現地時間)、声明で「米国は、平昌冬季五輪の安全かつ成功裏の開催に向け開かれた韓国と北朝鮮の会談を歓迎する」と述べた。一方で、北朝鮮は平昌五輪参加を非核化と国際的な孤立脱却の契機にすべきと促した。韓国と北朝鮮は同日の高官級会談で、来月韓国で開かれる平昌五輪に北朝鮮が選手団と代表団を派遣することで合意している。

◇平昌五輪 北朝鮮が過去最大規模の訪問団派遣へ

 北朝鮮が平昌五輪に訪問団を派遣することになり、その規模の大きさに注目が集まっている。9日の南北高官級会談で採択された共同報道文によると、北朝鮮は高官級代表団と民族オリンピック委員会代表団、選手団、応援団、芸術団、観戦団、テコンドー演武団、記者団を派遣する。これに対し韓国は便宜を図るとした。

◇北朝鮮が黄海の南北軍通信線を復旧 約2年ぶり。

 北朝鮮が9日、黄海の南北間の軍通信線を復旧させた。韓国統一部の当局者によると、同日開かれた南北高官級会談の午前の会議で、北朝鮮側は通信線を復旧させたと韓国側に説明した。黄海地区の軍通信線がつながるのは1年11カ月ぶり。