米国務省、日米共同開発の新型迎撃ミサイルを日本に売却 総額は約150億円

ざっくり言うと

  • 米国務省は9日、新型迎撃ミサイルの日本への売却を承認し、議会に通知した
  • 承認されたのはミサイル4発と発射機4機だそうで、売却総額は約150億円
  • 国務省当局者は「日本のミサイル防衛能力の向上に寄与する」と説明している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング