グテレス事務総長=(AP=聯合ニュース)

写真拡大

【ニューヨーク聯合ニュース】国連のグテレス事務総長は9日(米東部時間)、南北軍事境界線がある板門店で同日行われた韓国と北朝鮮の高官級会談の結果に対し「軍事当局間会談の開催と軍事ホットライン(黄海の南北直通電話)の再開をはじめ、軍事的緊張を緩和することで合意するなど進展を遂げたことを歓迎する」との意向を表明した。ドゥジャリク事務総長報道官が伝えた。

 グテレス氏は「(平昌冬季)五輪は国家間の平和・寛容・理解の雰囲気を作り出すことができる」とし、北朝鮮代表団の平昌五輪参加の決定についても歓迎するとした。

 また「(北朝鮮に対する)関与と努力が朝鮮半島の非核化と持続可能な平和のための真摯(しんし)な対話再開に寄与することを希望する」と述べた。