みずほフィナンシャルグループ 社長●佐藤康博氏

写真拡大

一流の経営者は、仕事以外の時間をどう過ごしているのか。雑誌「プレジデント」(2017年5月15日号)の特集「一流の人の1週間」から、経営者3人の「オフの過ごし方」をご紹介します。第2回は、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長です。佐藤社長は「会議のアイデアは、週末の2時間の半身浴で練る」といいます――。(全3回)

■なぜ村上春樹、浅田次郎からリンダ・グラットンまで読むのか

週末はどちらか1日はお客さまとゴルフをして、あとは本や映画、音楽に触れることが多いですね。私が住んでいる地域は、いい喫茶店がいくつかあります。街を歩く人たちもおしゃれで、珍しい犬を連れていたりする。そうした姿を眺めつつ本を読む時間が楽しい。

私は村上春樹の大ファンです。新刊『騎士団長殺し』も、さっそく読みました。春樹文学の流れを正統にくんでいる作品という印象でした。文芸では浅田次郎も好きです。じつは私は大学に入りたてのころ、ショートショートに近い文章を書いて身を立てようとも考えた時期がありました。浅田次郎の短編は勉強になりますよ。たとえば『勇気凜凜ルリの色』はウィットに富んでいてすばらしい。

他に人文科学系や、専門的な金融や経済の本も読みます。最近ではユヴァル・ノア・ハラリの『サピエンス全史』、少し前ならリンダ・グラットンの『ライフ・シフト』が面白かったですね。

本を読んで洞察力を身につけるのは重要なことです。『ライフ・シフト』にもありましたが、これからは人生100年時代です。1つの会社に勤めて人生が終わりになるわけではないので、その後を見据えて人間力、あるいは生きていく力を自分で磨いていく必要があります。そのベースになるのは、やはり自分自身の人間力だと思います。

「フォーチュン500」に登場するようなグローバル企業のCEOと会って議論する機会があります。まず求められるのは、世界はどのような方向に向かっているのかという視点。そうした大枠を自分の言葉で説明できないと議論は始まりません。自分なりの世界観を持つには、歴史や文化など幅広く勉強して人間力を磨く必要があるのです。

いま、みずほでは次世代経営リーダーの育成に力を入れています。選ばれた人たちには6カ月間、金融とまったく関係のない研修も受けてもらっています。たとえば国内の大学で人文科学の授業を受けたり、海外のトップビジネススクールの教授を招き、人間としてのあり方を突き詰める1週間の特別講義を受けてもらう。リーダーになるなら専門的知識以外の人間的魅力や胆力、決断力が欠かせないからです。

私自身も、絶えず人間力を磨く必要性を感じています。本や芸術に触れることはそれ自体楽しいものですが、結果的に自分を磨くことにつながればなおいいですよね。

オンとオフの区別そのものは、あまり意識していませんが、お風呂の時間を有効活用しています。浴室にメモを持ちこんで、半身浴をしながら自分のアイデアをどんどん書き込みます。月曜日にそのアイデアを部下に指示する際に、一緒にメモを渡しますが、インクがにじんでしまったり、それが乾いてしわくちゃになることもあるので、部下は困っているかもしれません(笑)。大きな構想を練るのに、週末のお風呂は絶好の場所です。まずリラックスできて、いいアイデアが出やすい。また平日に1〜2時間、物事を集中して考える時間を取ることは困難ですが、週末なら誰にも邪魔されずに考えられます。

■週末の入浴、サッカー観戦は「楽しみながら仕事」

あと、私はJリーグの川崎フロンターレのサポーター。ときどき応援に行きますが、そのときも仕事のことが思い浮かびます。サッカーは、守りの人は守りだけ、攻めの人は攻めだけやっていてはダメ。フォワードが前線から戻って守備をしたり、ディフェンダーがオーバーラップするなどしてチームは機能します。その様子を見て、ああ、これはお客さまのためならば、自分の守備範囲を超えて「横っ飛び」もためらわずに仕事に取り組むみずほの企業文化と同じだなと考えたりします。

オフの時間まで仕事のことを考えているとストレスを感じるという人もいるでしょう。そういう意味でいうと私はストレスに強いタイプで、リラックスする時間がなければ機能しないということはありません。

たとえばニューヨークに赴任したときのことです。私は英語がまったく話せなかったのに非日系企業の担当となり、最初は肩身のせまい思いをしていましたが、その後、上司が外資にヘッドハンティングされ、私が急遽その人の代わりを務めることに。どっさり降ってきた仕事を歯を食いしばって頑張っていたら、3カ月後、急に霧が晴れて視界が開けるごとくに英語が理解できるようになりました。この苦労がなければ、英語も上達しなかっただろうし、グローバルな人脈も広がらなかったはず。苦労を乗り越えれば、その先には必ず大きなチャンスがあるという思いをこのとき強くしました。

休日はストレスのもとになっている問題と対峙して乗り越えるほうが精神的にいい気がします。

----------

■みずほFG佐藤社長の週末時間割を公開

▼佐藤社長の週末のスケジュール

●土曜日

06:00 起床・朝食等

07:00 お客さまとゴルフ
移動時間は読書などで有効活用

19:00 帰宅・夕食

20:00 読書・音楽鑑賞等

22:00 入浴
半身浴で経営の構想を練る

24:00 就寝


●日曜日
07:00 起床・朝食等

09:00 外出(カフェで読書等)

12:00 昼食等

14:00 外出(映画鑑賞等)

19:00 帰宅・夕食

20:00 読書・音楽鑑賞等
教養を高める

22:00 入浴

24:00 就寝

----------

----------

佐藤康博(さとう・やすひろ)
みずほフィナンシャルグループ 社長。1952年、東京都生まれ。麻布高校、東京大学経済学部卒。日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。みずほコーポレート銀行(同)頭取、みずほ銀行頭取などを経て、2014年6月から現職。
 

----------

(みずほフィナンシャルグループ 社長 佐藤 康博 構成=村上 敬 撮影=市来朋久)