まずは、ご懐妊おめでとうございます! 初めての妊娠で、喜びを噛み締めていらっしゃることでしょう。しかし、出産を迎えたときのことを考えると不安になるときもあるかと思います……。そこで今回は、お母さんとして晴々とした気持ちで出産を迎えていただくため、妊娠時に不安を感じたときの気持ちの切り替え方についてまとめました。

妊娠や出産を経験した人に相談する

妊娠中に不安を感じたときは、出産経験者の方に相談してみましょう。友人でもいいですし、地域でやっている妊娠相談を活用するのもおすすめです。中には、直接誰かに相談するのは気がひけるという方もいらっしゃるかもしれません。そんなときは、妊娠や出産に関するインターネット掲示板を使って相談するといいでしょう。出産を経験された方や、今まさに妊娠しているという方からのアドバイスが受けられるため、気持ちが少しラクになりますよ。

自分の母親を頼る

自分の母親に頼るのもひとつの方法です。妊娠・出産・子育ての大先輩ですから、さまざまなアドバイスをくれますし、できる限りのサポートも受けられるでしょう。妊娠中は、体調を崩したり思うように体が動かず、大変な思いをされたりすることもあるかと思います。しかし、無理に一人で抱え込まず、「出産して落ち着くまで」と割り切って母親に甘えてみましょう!

自分の子どもが生まれたときのことを考える

自分の子どもが生まれたときのことを考えるのも、ひとつの方法です。どんな名前をつけようか、どんな顔をしているのか、性別は男の子女の子どちらかな? など“楽しいこと”をたくさん考えてみてください。“出産”をテーマに描いた映画やドラマを観るのもおすすめです。いつの間にか、不安な気持ちがどこかへ飛んでいることでしょう。

お出かけをする

体に無理のない範囲でお出かけしてみると、不安な気持ちを切り替えられるかもしれません。もしくは、気兼ねなく話せる友達とランチやお茶を楽しむのもおすすめです。妊娠中の不安を打ち明けるのもいいですし、たわいもない話で思いきり笑うのもいい気分転換になりますよ! 妊娠しているからといって、縮こまる必要はありません。体の調子に配慮しながら、あなたらしくマイペースに過ごしましょう。

深く考えすぎない

初めての経験ですから、不安を感じることは多いかと思います。しかし、あまり深く考えず、「ツラい」と感じたときは旦那さまや実家に甘えてください。あなたは今、大切な家族を迎える準備の真っ最中です。旦那さまや家族にも可能な範囲で協力してもらい、みんなで元気な赤ちゃんを迎えてあげましょう。大丈夫、あなたならきっと乗り越えられますから、無理せずにいきましょう。あなたの出産、心から応援しています。