ふかわりょう、20年ぶりにオリジナル新作ネタ発表

写真拡大

かつてシュールネタで人気を博し、今や司会業などでも活躍中のふかわりょうが、1月10日放送の『笑×演』(テレビ朝日系、毎週水曜25:56〜)に出演。20年ぶりとなるオリジナルの新ネタを書き上げ、披露することがわかった。

“笑いのプロ”である芸人がネタを書き、“演じるプロ”である役者が表現する同番組。2018年一発目の放送となる今回は、“リズムネタSP”として、ふかわが初参戦。タッグを組む役者陣は、MCのバカリズムと山崎弘也が“『笑×演』のマドンナ”と賛辞する笛木優子と役者歴35年の黒田アーサーだ。

ふかわ曰く「ディズニー映画のノリ」な新作リズムネタ。これに対し、笛木&黒田の役者陣はどう演じるのか!? さらに、今回の新作ネタのために、ふかわが自ら曲も作曲。練習中は「かなりの完璧主義で、ありがたかった」という笛木と、「細かい……俳優35年やってるんだけど、まさか演技のことでいわれるとは」とぼやく、黒田の言葉からもわかるように、ふかわのこだわりがつまったネタになっているようだ。

そして、もう1組は小島よしおと、ダイヤモンド☆ユカイ&前川泰之。「自分のネタは恥ずかしがったら終わり」と自らが評する小島のネタだが、顔合わせ段階から、ダイヤモンド☆ユカイと前川は、「どんどん不安になっていく」「まったくわからない……」と不安を募らせながらも、とにかく今回のテーマは「小島を信じる!」と決め進んでいくことに。「やけくそだね」「ネタを最後までやりきるハートの強さをもてた」と役者陣が語る、小島のリズムネタはどんなものなのか。それぞれのリズムネタに期待が高まる。