一流の仕事につき、高い年収を稼ぐ東京の男たち。

世の中の大半の女性が結婚を夢見る、いわゆる“アッパー層”と呼ばれる人種である。

しかしその中でも、ハイスペであるが故に決定的に“残念な欠点”を持つ男、というのが存在するのだ。

元彼を35歳の美女・恭子にとられて傷心中の瑠璃子は、彼を忘れるためにハイスペ男との出会いを積極的に繰り返すが、なぜか残念男たちを次々引き寄せてしまう。

瑠璃子が出会う、“残念極まる男”たち。あなたも、出会ったことはないだろうか?




「瑠璃子ちゃん、よかったら今度二人で食事しない?」

耳元でそっと彼に囁かれたとき、瑠璃子はようやく自分の時代がやってきたことを確信した-。

今日、瑠璃子は、会社の先輩・理奈と、『オークドア』のバースペースに飲みに来ている。

自分より6つも年上の恭子に周平を取られて以来、すっかり覇気を失っていた瑠璃子を見かねて、理奈が声をかけてくれたのだ。

「瑠璃子ったら…あの威勢の良さはどこに行っちゃったの?確かに周平君はいい子だったけど、東京にはもっといい男がたくさんいるわよ」

必死で励ます彼女の声に頷きつつも、瑠璃子の心はどこか上の空で、思わずきょろきょろと目を泳がせる。するとしばらくして、30代半ばくらいの二人の男性が近づいてきた。

「よかったら、一緒に飲みませんか?」

突然声をかけられて驚いたが、ひとりの男の顔を見て、思わず言葉を失った。なぜなら、瑠璃子がこの世で最も好きな俳優・西島秀俊に瓜二つなのだ。

-に、西島さん…!

そう答えそうになるのをぐっと堪える。そして代わりにとびきりの笑顔を作って、「是非一緒に飲みましょう♡」と答えた。

瑠璃子が彼の端正な顔立ちに惚れ惚れしていると、彼らは慣れた様子で自己紹介をする。西島秀俊似の彼の名前はタカシと言った。

「僕は、広尾にある美容外科クリニックで医師をしています」

「すごーーーい!タカシさん、お医者様なんですか?」

ルックスが良い上に、医者。こんなハイスペックな男性に声をかけられるなんて、ツイている。瑠璃子は、みるみるうちに、自分の中にパワーがみなぎっていくのを感じた。

-そうよ、いつまでもクヨクヨしてるなんて私らしくない!理奈さんの言う通り、東京にはいい男がまだまだいるはず。

そして、こう決意したのだった。

―絶対に周平を軽く超える、ハイスペックな男性を捕まえてみせる…そう、タカシさんみたいな!

こうして瑠璃子は彼とLINEを交換し、翌週食事に行く約束を交わしたのだった。


西島さん似のイケメンの正体は?


タカシが予約をしてくれた店は、神楽坂の鉄板懐石料理店『いわ倉』。お店のチョイスから、これまでにデートをしていた同世代の男性とは違う、大人の男のセンスを感じる。

ライブ感を楽しめるカウンター席で食事を楽しみながら、瑠璃子は、彼との距離が自然と縮まっていくような気がした。

ただ、さっきからタカシが瑠璃子の顔をじっと穴があくほど見つめているのが、気にかかる。

「あの…もしかして私の顔に、何かついてますか?」

瑠璃子がドキドキしながら尋ねると、タカシは我に返って、笑いながら答えた。

「あっ、ごめんね。思わず見とれちゃって。こういう仕事をしているとつい気になってしまうんだけど、瑠璃子ちゃんの肌って本当に綺麗だよね」

普通の男性に言わせたら歯の浮くようなセリフも、美容外科医に言われるとなんだかすんなり受け入れてしまう。

こうして次第に心を許していった瑠璃子は、タカシとの会話に夢中になった。仕事や家族の話など当たり障りのない話題も、ユーモアを交えながら面白可笑しく話してくれるので、瑠璃子は終始彼の話に聞き入ってしまった。

化粧室へと席を外して、リップを直しながら、幸せな瞬間を噛みしめる。でも、同時に不安に襲われた。

-タカシさん、35歳って言っていたっけ。こんなにパーフェクトで独身なんて、奇跡じゃないかしら…?すごくモテそうなのに。

美容外科医という肩書きに、西島秀俊似の恵まれたルックス。これほど完璧なのに35歳まで独身なのは、仕事が忙しいから?それとも、結婚願望がないのだろうか?

あれこれと考えてみたが、さっぱりわからない。考えすぎかな、と小さく呟いて瑠璃子は席に戻る。その後もタカシは最後までトークを炸裂させ、瑠璃子も笑いっぱなしのまま、初めてのデートは無事に幕を閉じた。

「楽しかったね!良かったら、またすぐ会おうよ」

「はい、是非!今日は本当にありがとうございました」

デートの帰り道、瑠璃子は上機嫌のままタクシーの中でスマホをバッグから取り出す。

-そういえば、タカシさんインスタやってるって言ってたっけ。

瑠璃子はワクワクしながら、タカシのInstagramアカウントを眺めることにした。


一方のタカシは、瑠璃子をどう思っていたのか?


タカシは、瑠璃子と初めて出会った日の夜、確かな手応えを感じていた。オークドアで、バーにいる女たちをさりげなく物色しているとき、一瞬、瑠璃子と目があった気がしたのだ。

-あの子、俺を見ているな…。

彼女はきょろきょろと周りを見回すふりをしているようだが、さっきからなんだか視線を感じる。タカシを意識しているのではないだろうか。

友人に耳打ちし、二人の女に声をかけることにした。タカシの狙いはもちろん瑠璃子で、一目彼女を見たときから気に入っていたのだ。

仕事柄、女性の顔の造りにはつい目がいってしまう。瑠璃子の左右対称の整った顔立ち、合格である。

女性が喜びそうな「医者あるある」トークを散々繰り広げ、楽しそうに話を聞いている瑠璃子を見ているうちに、何としてでも食事に誘いたいと思った。

そこでタカシは彼女の連絡先を聞き出し、二人きりで会う約束を取り付けたのだった。


ハイスペック男・タカシのデートは成功するのか?


タカシのInstagram


大満足だったデート帰りの、タクシーの中。瑠璃子は早速タカシにお礼LINEを送りながら、気がついたことがあった。

-あれ?タカシさん、LINEのアイコン変えた…?しかも、自撮りのどアップだ…。

気を取り直してメッセージを送る。そのあと、先ほどアカウントを教えてもらったタカシのInstagramを開いた。しかし、見た途端にぎょっとした。

その投稿のほとんどが、顔面どアップの自撮り写真なのだ。

-出勤前に10km走ってきた!最高!
-ゴールドジムなう

文章とはさほど関係のない、顔面中心のセルフィーがひたすら続いている。さらに瑠璃子は、最新投稿を見てど肝を抜かした。

-いわ倉さんでシャンパーニュ #しゅわしゅわ #bubbles #いわ倉

それは先ほど一緒に行ったばかりの店へのチェックインで、写真はやはり、シャンパングラスを片手に持ったアップの自撮りピン画像だった。

-いつの間に!?私が化粧室に外してる間に、撮ったのかしら…。

大の男の自撮り写真に、瑠璃子は控えめに言ってもドン引きした。




そしてその瞬間、あることを思い出した。化粧室から戻ったときに、タカシがスマホ画面を覗き込みながら口の形を“イーッ”として、歯をチェックしていた瞬間を見てしまったことを。

少し滑稽だと思ったものの気に留めないようにしていたが、今になって複雑な感情が湧いてきた。

―もしかしたら、とんでもないナルシスト男…?

そう思いだすと、タクシーの中にも関わらずぞくぞくと悪寒が走った。



翌週のランチタイム、早速理奈に報告すると、理奈は、やれやれ、と言わんばかりに溜息をつく。

「出たわね。残念極まる、自撮り男。ちなみにそういうナルシスト男って、一緒に街を歩いていても、鏡になるものはなんでも鏡にして、自分の姿をチェックしたりするのよね」

そして理奈は、真顔でこう言うのだった。

「でもそういう男ってね、実は決定的なコンプレックスがあったりするのよ。思い当たる節、ない?」

理奈は35歳なだけあり、さすがに経験が豊富だ。瑠璃子はデート中の彼の話を、ふと思い出した。

「そう言えば、両親ともにお医者さん一家で生まれて、上2人の兄弟と比べて自分は落ちこぼれだって言ってたわ」

タカシは、3人兄弟の末っ子。上2人の兄弟は東大の医学部出身で、かなり優秀だと言っていた。今は権威ある大学病院で、かなり腕のいい外科医として活躍しているらしい。

一方、タカシだけは何とかねじ込められる形で私立の医大に入り、美容外科医になったと自虐気味に語っていた。

基本的にはあっけらかんとしているタカシが、たしかにその話をしていたときは、妙に神妙な面持ちで話していたのを思い出す。他の2人と比べると、医者としての“腕”だけでは勝負できないらしい。

そしてだからこそ、実力だけではなく「外見の良さ」を含めた“総合力”で、同じ土俵に立とうとしているのだろう。

「これ以外は、完璧なのに…!」

瑠璃子はそう嘆きながら、いま一度タカシのInstagramを見た。大好きな西島さん似の顔だが、ナルシスト感たっぷりの自撮り写真が続くと、なんだかもうお腹がいっぱいになる。

嘆く瑠璃子を見かねた理奈が、諭すように言った。

「でもね、瑠璃子。彼はそれ以外完璧なんでしょ?誰にだって欠点はあるんだから、どこかで目をつむらないと…」

その言葉に一理あるのは、瑠璃子だって充分、分かっている。でも、この超ナルシストっぷりは、どうしても受け入れられそうになかった。それは理屈ではなく、本能なのだ。

―私は、これから出会う男たちのどんな「残念な点」だったら受け入れられるのだろうか?

瑠璃子、29歳。これからの長い道のりを思い、大きく息を吐いた。

▶Next:1月17日水曜更新予定
あなた何様ですか?女を見下す、残念極まる男。