会談終了後に記者会見を行う趙明均長官=9日、板門店(写真共同取材団=聯合ニュース)

写真拡大

【板門店聯合ニュース】南北軍事境界線がある板門店で9日開かれた南北高官級会談に韓国側首席代表として出席した趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は会談終了後に記者団に対し、「今回の会談は南北関係を修復・発展させる上で重要な意義を持つ。今後、相互尊重の精神に基づき南北関係を進展させるべきとの点で一致した」と述べた。

 趙氏は「北の平昌冬季五輪・パラリンピック参加が確定し、朝鮮半島の緊張緩和の契機をつくったと思う」と評価。また「北の高官級が出席したことで国際社会との意思疎通と理解を高める機会になった」とした。

 北朝鮮核問題については「韓国国民と国際社会の懸念も直接(北朝鮮側に)説明した」と述べた。

 会談の雰囲気に関しては「終始一貫して真摯(しんし)かつ友好的な雰囲気で進めることができた」と伝えた。