9日、中国・観察者網に、日本のバラエティー番組の黒塗りメーク騒動を取り上げた文章が掲載された。資料写真。

写真拡大

2018年1月9日、中国・観察者網に、日本のバラエティー番組の黒塗りメーク騒動を取り上げた文章が掲載された。これに中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

文章は、昨年12月31日に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の大みそか年越しスペシャル「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」で、お笑いコンビ「ダウンタウン」の浜田雅功が見せた黒塗りメークが物議を醸したと説明。映画「ビバリーヒルズ・コップ」の主演俳優エディー・マーフィーに扮したとのことなのだが、これを問題視したアフリカ系米国人作家バイエ・マクニール氏がツイッターでこのような行為をやめるよう呼び掛けたことを紹介している。

文章は「マクニール氏の投稿には多くの賛同の声が寄せられた」とする一方、「髪を黄色く染めた白人メークは問題視されないのに」という反対意見があることも紹介。そして、番組を見た結論として「黒人の視聴者なら不愉快に感じるであろう場面もあった」「米国で黒塗りメークは明らかに行き過ぎた行為だが、日本ではさほどでもない」とバラエティーに対する日米の基準に違いがあることなどを説明している。

一方、この文章を読んだあるネットユーザーは「意識しすぎるのも形を変えた差別なのではないだろうか?」という趣旨のコメントを投稿。また、「女装に対して女性の権利保護者から批判は出ていない。米国の政治的な正しさが他国のバラエティー番組に延長された?」「ブラックフェースがおかしいのではなく、アジア人が扮しているのが面白いだけ。どうして人種差別になるの?」といった声も聞かれた。(翻訳・編集/野谷)