画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ニコンイメージングジャパンは1月9日、ニコン FXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応で、1.4倍テレコンバーター内蔵の超望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」を発表した。3月9日から発売する。価格は1,472,000円(税別)。

焦点距離180mm〜400mmの超望遠ズームレンズ。1.4倍のテレコンバーターを内蔵しており、内蔵テレコンバーター使用時の焦点距離は252mm〜560mmとなる。レンズ構成は19群27枚で、蛍石レンズ1枚とEDレンズ8枚を使用。

レンズにはナノクリスタルコートなどによる低反射コーティングを採用することで、ゴーストやフレアを抑制。鏡胴の可動部分にはシーリング処理を施し、保護ガラス前面にフッ素コートを採用した。防塵 / 防滴 / 防汚性能にも優れる。

手ブレ補正機能は「NORMAL」モードのほか、スポーツシーンなどの動体撮影に適した「SPORT」モードを搭載。手ブレ補正は、内蔵テレコンバーターの使用、不使用に関わらず、最大4.0段分(CIPA規格準拠)の効果がある。

操作性も工夫されており、ファインダーを覗いた状態から即座に焦点域を切り替えられるよう、テレコンバーター切り替えレバーをレンズ側面に設置。カメラのグリップを握ったまま操作可能となっている。三脚座リングはベアリングの採用で、縦横の構図変更もスムーズ。その他の仕様は以下の通り。

絞り形式 : 9枚 円形絞り

最大絞り : テレコンバーター非使用時F4、テレコンバーター使用時F5.6

最小絞り : テレコンバーター非使用時F32、テレコンバーター使用時F45

最短撮影距離 : 2.0m(ズーム全域)

最大撮影倍率 : 0.25倍

アタッチメントサイズ : 40.5mm

最大径 : 約128mm

長さ : 約362.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)

重さ : 約3,500g