近年ますます高性能化が追求され、デジタル装備も充実する傾向にある二輪車業界だが、乗り手としては内燃機関の鼓動をダイレクトに味わいたくなる時だってある。カリフォルニアに拠点を構えるHazan Motorworksが製作したのは、そんな想いを体現したかのような、一切の無駄な装備を排除したと思わせてくれるストイックなカスタムバイク『Supercharged KTM』だ。

【詳細】他の写真はこちら



美しく絞られたボディラインが強調された『Supercharged KTM』。ハンドルからタンク、フレーム、ホイールまでとにかく極細なパーツが採用され、後ろから見たシェイプはさながらモペッドや小排気量バイクのようだ。



ネーミングからは、スーパーチャージャー付きのKTM製エンジンが搭載されている……と期待させられるものの、残念ながら公式ページにはそのあたりのスペックが明言されてはいない。とはいえ、エンジンから飛び出した吸気口が、見る者になんとも勇ましい印象を与えてくれる。



おそらく完全新規で製作されたものとおぼしき鋭角な燃料タンクと、セクシーな曲線を描く排気パイプの対比が美しい。これぞカスタムバイクならではの美意識と言えるだろう。



外観上のワンポイントになっているのが、薄く仕上げられた木目調のサドルだ。ただ、どうも見た感じでは金属製のシートに木目調の素材が貼り付けられているだけのようでもあり、その乗り心地はお尻に優しくないかもしれない。



コンセプトからデザインまで、ある意味芸術作品とでも言えそうな『Supercharged KTM』。そのスタイルは多くのカスタムビルダーの参考となるのではなかろうか。

関連サイト



Supercharged KTM

text塚本直樹