羽生結弦【写真:Getty Images】

写真拡大

海外も注目する“羽生とプーさん”の関係性

 平昌五輪で66年ぶりの大会連覇を目指すフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)。ディズニーキャラクター「くまのプーさん」好きとして知られるが、ディズニー専門サイト「OH MY DISNEY」が異例の羽生特集を組み、ディズニーのツイッター公式アカウントが紹介するなど、話題を呼んでいる。

 特集は「フィギュアスケート王者ユヅル・ハニュウの幸運のお守りはウィニー・ザ・プー。それは崇拝の対象」と題し、記事が組まれている。

 今月に掲載された米紙「ニューヨーク・タイムズ」の特集を引用する形で、羽生の幸運のお守りとしてプーさんのぬいぐるみが置かれていることを紹介。演技後にファンからシャワーのようにプーさんのぬいぐるみが投げ込まれることを伝えている。さらに、この記事はディズニーのツイッター公式アカウントも紹介するなど、注目を集めている。

 羽生とプーさんといえば、以前から日本のみならず、海外でも注目を浴びており、今季も10月のグランプリ(GP)シリーズ・ロシア大会でショートプログラム(SP)で演技した際には、米スケート専門メディア「icenetwork」公式ツイッターが「プーさんの雨が降り注いだ」と動画付きで紹介。反響を呼んでいたが、平昌五輪まであと1か月に迫り、注目度は高まっているようだ。(THE ANSWER編集部)