MONDO GROSSO、新曲がドラマ挿入歌に決定

写真拡大

MONDO GROSSOが新曲を発表する。

◆ティザー映像

新曲のタイトルは「偽りのシンパシー」で、1月16日よりTBS系にて毎週火曜よる10時に放送される火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』の挿入歌として起用される。

同ドラマは「2017ブレイク女優ランキング」で首位となるなど今最も旬な女優、吉岡里帆の連続ドラマ初主演作。桐谷健太と向井理が演じる対照的な魅力を持つ二人の男性の間で揺れ動く、新感覚の三角関係ラブストーリー。スリリングなドラマのストーリーをMONDO GROSSOの楽曲が彩る。

MONDO GROSSOが昨年リリースしたアルバム『何度でも新しく生まれる】でも、満島ひかりや齋藤飛鳥(乃木坂46)から、無名の主婦に至るまで様々なボーカリストを起用し“声”のプロデュースに定評のあるMONDO GROSSOだけに、新曲のボーカリストに抜擢されたのが誰なのかも気になるところ。注目のボーカリストはドラマ『きみが心に棲みついた』の初回放送と共に明らかにされるとのことだ。

TBS系 火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』
放送日:2018年1月16日(火)22:00〜23:09
※以降毎週火曜日22:00〜22:54放送
出演者:吉岡里帆、向井理、桐谷健太、石橋杏奈、ムロツヨシ、鈴木紗理奈、瀬戸朝香
http://www.tbs.co.jp/kimisumi/