ほうれい線を改善する「リガメントほぐし」とは?

写真拡大

 40代を過ぎると、年齢とともに気になるのが顔のたるみ。鏡を見て「いつのまにかほうれい線が目立ってきた!」なんてことが起こるとショックですよね。

 情報番組「サタデープラス」(MBS系列)で紹介されていたのが、医師の松宮敏恵さんによる「リガメントほぐし」という、顔のたるみ・ほうれい線の改善方法です。リガメントというと何やら難しい響きですが、骨や筋肉、皮膚、脂肪などをつなぎとめている結合点のことなのだそうです。このリガメントをほぐすことで、血流やリンパの流れがよくなるのだとか!

 では早速、ほうれい線を解消するための方法をみていきましょう。まず、ひじをテーブルなどに置いて手を固定します。その後、頬骨の下に親指を置き、頬骨に沿って、親指を押し上げていきます。このとき、指を頬骨の下にもぐりこませて、下から斜め上方向へ押し上げるイメージで行うといいそうです。

 また、くらしの情報サイト「らいふ」(NHK)で皮膚科医の友利新さんがいうには、顔の筋トレをすると、表情筋の柔軟性や弾力性が高まり、血流が促されてたるみ予防につながるのだとか。そして、ほうれい線の予防として、頬をプッとふくらませて5秒キープしたり、舌を突き出して大きく円を描いたりするといいそうですよ。

 ほうれい線を改善する「リガメントほぐし」、いかがですか? 美女への道は努力が必要不可欠といえそうですね。