画像提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDI、沖縄セルラーは1月9日、auの2018年春モデルとして、子どもの安全に配慮したZTE製の携帯電話「mamorino4(マモリーノフォー)」を発表した。2月上旬より発売する。

mamorino4は子ども向けに開発された携帯電話。約2.8インチのタッチディスプレイを備えタッチ操作が行える。加えて「音声操作補助機能」により、電話やメッセージ(SMS)などを音声で操作できるよう設計されている。

防犯ブザーを内蔵。防犯ブザーを鳴らすと、鳴動とともに音声発信を開始し、居場所を知らせるメールを送信する。自動的にココセコムオペレーションセンターに通報する「通報サービス」に対応するほか、いつでも保護者の携帯電話から子どものいる場所を把握できる「安心ナビ」も利用可能だ。

内蔵メモリ: 512MB

ストレージ: 4GB

本体サイズ: 約W56×D15.5×H99mm

重量: 約105g

ディスプレイ: 約2.8インチ、320×240ドット

バッテリー容量: 1,200mAh

連続通話時間: 約530分

連続待受時間: 約300時間(LTE)

Bluetooth: 4.0

防水: IPX5 / IPX7

防塵: IP5X

カラーバリエーション: プリンセスパープル、サニーイエロー、スポーティーブルー