Wi-Fi Allianceは8日、Wi-Fiセキュリティ機能「WPA3」を発表した。2018年後半にも利用可能になる見込み。

 WPA3は、WPA2のセキュリティ拡張として提供され、認証プログラム「Wi-Fi CERTIFIED WPA3」に基づいて以下の4つの新機能が搭載される。

複雑ではないパスワードを設定した場合にも弾力性のあるパスワードベースの認証機能を提供 ディスプレイなど設定のないデバイスに対するシンプルなセキュリティ設定機能の提供 デバイスとルーターやアクセスポイント間で個別にデータを暗号化 米国国家安全保障局と米国政府が機密情報をやりとりするための暗号アルゴリズム「CNSA(Commercial National Security Algorithm Suite)」に準拠した192ビット暗号化の採用

 このほかのWPA3におけるセキュリティ機能の詳細は、2018年後半に明らかにされるという。