画像提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDI、沖縄セルラーは1月9日、auの2018年春モデルとして、スマートフォン「BASIO3」(京セラ製)を発表した。1月下旬に発売する。

BASIO3は、スマートフォン初心者に向けて開発されたモデル。スマートフォンがいつも通り使えないなどの困りごとが生じたときに、端末を同梱の「スマホの健康診断/かざして診断カード」にかざすと対処法を診断できる。

さらに、スマートフォンの活用方法などを実演販売士がわかりやすく紹介する「使いこなし動画」をプリインストール。タッチ操作や文字入力といったスマートフォンの基本操作やアプリの使い方などを練習できるアプリ「使い方練習」も搭載する。

カメラ部分にはレンズを保護するスライドカバーがついており、カバーを開くとカメラ機能が起動する。

OS: Android 7.1

CPU: MSM8937(クアッドコア、1.4GHz+1.1GHz)

内蔵メモリ: 3GB

ストレージ: 32GB

外部ストレージ: microSD (最大256GB)

サイズ: W71×H144×D9.9mm

重量: 約150g

ディスプレイ: 約5.0インチ

ディスプレイ解像度: 1,920×1,080ピクセル

メインカメラ: 約1,300万画素

サブカメラ: 約500万画素

バッテリー容量: 2,940mAh

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth: 4.2

カラーバリエーション: ゴールド、ブルー、レッド