東京と名古屋の2会場で開催される!

 迫力あるモータースポーツシーンを撮影する日本レース写真家協会(通称:JRAP)が、会員たちが2017年に撮影した渾身の作品を展示する写真展「COMPETITIN」を開催する。

 JRPAは1971年に設立された、モータースポーツフォトグラファーの団体。2輪/4輪のモータースポーツの感動的なシーンやレースの興奮の一瞬を切り取り、写真を通じてファンへ向けて伝えている。現在会員は64名、特別会員は14名が在籍。イベントでの写真教室や講習会など活動は多岐に渡る。

 同協会は、2005年からはその年1番のフォトジェニックを選ぶ「JRPA AWARD」を決定。2017年は大賞に横浜ゴム株式会社、特別賞として2輪チームのハルク・プロが受賞した。また、栄誉賞としてINDY500で日本人初優勝を手にした佐藤琢磨選手が選出されている。

 そんな会員の作品を間近で見られる写真展は、東京と名古屋の2カ所で開催。どちらも入場無料なので、2輪/4輪のレースの一瞬を切り取った珠玉の作品たちをぜひ見に行ってほしい。

 詳しくはホームページにて。
http://www.jrpa.org/

 【開催要項】
2018 日本レース写真家協会 報道写真展 「COMPETITION」

 東京会場
2018年1月18日(木)〜1月29日(月)
AXIS GALLERY SYMPOSIA
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル
開館時間 11:00〜20:00

 名古屋会場
2018年3月20日(火)〜4月1日(日)
名古屋 ビジュアルアーツ ギャラリー
愛知県名古屋市中区栄5-11-11
開館時間
平日  10:00〜18:30
土日祝 10:00〜16:00

 いずれも入場無料