【ソウル聯合ニュース】韓国の任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長は9日、来韓しているアラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のハルドゥーン・アル・ムバラク執行関係庁長官とソウルで昼食を交えた会談を行った。

 青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官によると、両氏は韓国とUAEの戦略的パートナー関係を包括的、全面的に発展させるための方策を協議し、両国間の高官級対話チャンネルだけでなく外相間の戦略対話、経済閣僚による経済共同委員会などの協議チャンネルを一層活性化させていくことで合意した。

 ハルドゥーン氏はエネルギーや電子などの産業や観光分野での協力強化に意欲を示し、任氏は両国間の諸般の協力が一段と活性化するよう努めると応じたという。

 同氏はUAE皇太子の特使として8日に来韓した。