『1月9日はなんの日?』シカゴ・ソウルの重鎮、オーティス・クレイの命日

写真拡大

 1月9日はシカゴ・ソウルを代表するベテラン・シンガー、オーティス・クレイの命日。今から2年前の2016年1月9日、クレイはシカゴの自宅にて心臓発作により73歳でこの世を去った。翌日にもライブが控えるなかでの急死だった。

 1942年2月11日、米ミシシッピ州生まれのオーティス・クレイは、10代の頃からゴスペル・シンガーとして活動をおこない、やがてシカゴを拠点にソウル・シンガーに転向。70年代にハイ・レコードから「トライング・トゥ・リヴ・マイ・ライフ・ウィズアウト・ユー」などのヒットを飛ばした。晩年まで現役のソウル・シンガーとしてシカゴを中心に活動を続け、ゴスペル出身ならではの感情迸るパフォーマンスでファンを魅了し続けた。2013年にはブルースの殿堂入りも果たしている。