画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米Googleは1月8日(現地時間)、「Google アシスタント」に対応した「スマートディスプレイ」の登場を予告した。

スマートディスプレイには、スピーカーのほかタッチ対応ディスプレイを搭載。スマートスピーカーで行えるような音声による応答に加えて、画像や映像など視覚的な情報も得られるのが特徴だ。Amazonの音声アシスタント「Alexa」に対応するディスプレイ端末「Echo Show」(日本未発売)の競合になると思われる。2018年内には、JBL、Lenovo、LG、ソニーからスマートディスプレイの製品が登場する見込みだ。