私が水滸伝を初めて読んだのは高校生の時。その時に浮かんだ、はっきり言ってどうでも良い疑問が、今回のテーマの出発点です。写真は北京市の太廟。

写真拡大

私が水滸伝を初めて読んだのは高校生の時。その時に浮かんだはっきり言ってどうでも良い疑問が、今回のテーマの出発点です。

それは高校の図書館にあった平凡社奇書シリーズの1冊でした。その中で「女たちは卑しい生まれだったため纏足(てんそく)をしておらず、さっさと逃げられた」と言うような描写がありました。で、その時はまだ纏足について大した知識もなかったので「纏足って良家の子女がやるもので、歩きにくいもの」程度の認識でした。

でもその時、ある疑問が湧いたのです。梁山泊に集まった好漢・108星のうち、女性は3名。一丈青の扈三娘、母大虫の顧大嫂、母夜叉の孫二娘。どなたも並の男なら秒殺レベルの凄腕(すごうで)な女傑ですが、ゴッドマザーな顧大嫂や、人肉饅頭の孫二娘はいいとして、扈三娘はお嬢様なので、「ん?纏足はしているの?していないの?」と思ったわけです。

その後も、カンフー映画や金庸の小説、武侠ドラマなどで「深窓の令嬢」かつ「武術の達人」とかいうのを見かけると「纏足」なのか「NO纏足」なのか気になってしまいまして…ほんと、どうでも良いことなんですけどね。

ただ、纏足ってその特異性から「グロい」とか「残酷」といったフィルターにかけられて、真実が見えにくくなっているような気もするのです。今回はそのフィルターをちょっと外してみて、中国文学では馴染(なじ)みの「纏足はちゃんと歩けない」というイメージは正しいのか、そして纏足とはどんなものなのかを改めて考えて見ようと思います。

思いのほか長くなってしまったので、内容を前半と後半の2つに分け、前半となる今回は纏足ってどんなものなのかをお話したいと思います。纏足は、約1000年という長きにわたり、女性たちの間で受け継がれてきた、人為的に足を変形させる風習です。

これ以降、少し痛い描写が出てきますので、その手の話が苦手な方はご注意ください。もっとも、私自身が痛い話を聞くと迷走神経反射を起こしてぶっ倒れるようなヤワなヤツなので、そんなに過激に書けませんが(どれくらいヤワかって言うと、某大女優さんの講演会で、ライオンに襲われて死にかけたときのお話を聞いて目の前ホワイトアウトし、近くに座っていたご婦人に助けていただいたというレベル)。

そもそも纏足とは、幼い少女の足を変形させ、成長しても小さいサイズを保つようにするものです。

スタンダードな纏足のやり方は、まず親指だけを残して残り4本の指をぐぐぐっと曲げます。指を足の裏にぴったりくっつけるように折り曲げると、青い布でそれをしっかりと固定します。そして固定を続けながら、最終的には親指を頂点とする細く尖った形になるように、全体の形を整えていきます。かなりの痛みを伴う上、この過程で上手く処置できないと、指が壊死(えし)し、慢性骨髄炎になる恐れもあります。痛い。しかしこれはフェーズ1。まだまだ処置は続くのです。

4本の指が巻き付くように曲がり、細く尖った形に整えられると、纏足は次の段階へ進みます。今度は、足の甲をぐぐぐぐぐぐっと曲げていきます。それこそ、指の付け根と踵(かかと)がくっつくぐらいに。時間をかけどんどん曲げていきます。目標は3寸=10センチ弱。徐々に曲げていくとはいえ、あり得ない…痛すぎて考えたくない処置です。

が、纏足では3寸の大きさこそ至高。「三寸金蓮(さんずんきんれん)」と呼ばれる小さな足のみが、纏足の頂点に立てるのです。ちなみに、4寸(約13cm)以内が銀蓮(ぎんれん)、4寸より大きかったら鉄蓮(てつれん)と呼ばれ、大きければ大きいほど「纏足カースト」の下になってしまうのです。だから、縛る方(大抵は実の母親)だって必死なわけです。 少しでもカーストの上へ、纏足のてっぺん取るために…。