Appleが2018年初頭の発売を予告している、Siriを搭載したスマートスピーカーのHomePodが、4〜6週間後に発売されるとの予測を、GBH insightsのアナリストが公開しました。

HomePod、早ければ2月上旬に発売か

Appleは、2017年6月の世界開発者会議(WWDC 17)でHomePodを2017年12月発売予定と予告しましたが、11月になって発売を「2017年初頭」に延期しています。
 
その後、Appleは具体的な発売日程を公表していませんが、GBH insightsは投資家向けのレポートで、HomePodが「4〜6週間」で発売されるとの予測を発表しました。この予測が正しければ、早ければ2月上旬、遅くとも2月末には発売されることとなります。
 
その上で、向こう3年間で200億ドル(約2.2兆円)の規模が期待されるスマートスピーカー市場で、HomePodは苦戦を強いられるだろう、との見通しを語っています。

先行するAmazon、Google

HomePod発売後の見通しについてGBH insightsは、2017年のホリデーシーズンの商戦期を逃した影響で、厳しい戦いを強いられるだろう、と予測しています。
 
その理由の1つとして、スマートスピーカー市場では、2017年5月の時点で全米で約7割のシェアを誇り、先のホリデーシーズンで75%のシェアを取ったと予測されるAmazon Echoシリーズがすでに強固な地位を築いていることを挙げています。
 
また、現地時間1月9日に開幕する世界最大の家電見本市CES 2018で、すでに673万台のスマートスピーカーを販売したと発表しているGoogleが積極的に攻勢に出て、パートナー企業の拡大や関係強化に動くと予測されることも、HomePodには逆風になるだろう、とも指摘しています。

Appleを待つ、急成長市場での厳しい戦い

アメリカでの予定販売価格が349ドル(約3.9万円)のHomePodは、プレミアム市場をターゲットとしており、50ドル(日本では5,980円)のEcho Dotなど安価なスマートスピーカーとは競合しないと見られます。
 
2018年のテクノロジー業界において最も急速に成長する分野、と予測されているスマートスピーカー市場で、すでに立ち位置を確立したAmazonとGoogleを追いかけるAppleには厳しい戦いが予測されます。

 
 
Source:9to5Mac
(hato)