2010年11月、広州アジア大会に出場した鈴木康大選手(提供・共同通信社)

写真拡大

 昨年9月の日本カヌースプリント選手権でライバル選手のドリンクボトルに禁止成分を含むステロイドを混入させ、飲ませた鈴木康大(32)が日本アンチ・ドーピング機構(JADA)から8年間の資格停止処分を下された問題で、被害者の小松正治(25)=愛媛県国体競技力向上対策本部=らトップ選手が鈴木からGPS盗難、パドル破壊などの妨害行為を受けていたことが9日、分かった。

 日本カヌー連盟の春園事務局長によると、小松はGPS盗難、パドルにヒビが入るなどの破壊行為を受けており、また、トップ選手5〜6人にも同様の被害が及んでいた。鈴木は調査に対して、これらの行為についても認めている。同事務局長は「自分より実力が下の選手にはやっていない。同等か上の選手のみ。精神的な面があったのだと思う」と、説明した。

 ドーピングの件での調査によると、鈴木は小松がドーピング検査で陽性となった場合、自分が東京五輪代表に選出される可能性が高まると考え、小松を陥れる意図を持って、禁止成分を含むステロイドを購入。競技会前に小松がドリンクボトルから離れた時間を利用し、同物質を混入させている。春園事務局長は「こういうことをする選手には見えなかった」と話したが、東京五輪への強すぎる思いが、暴走を生んだのか。

 小松は日本カヌー連盟を通じ「今回、周囲の皆さまのご支援を得て、競技生活に復帰できることとなったことについて、心より感謝の言葉を述べたいと思います。2020年の東京五輪出場を目指して、日本代表として、今後とも競技に精進していく所存です」と、コメントしている。