為末大氏

写真拡大

 2001年、05年陸上世界選手権男子400メートル障害銅メダリスト、為末大氏(39)が9日、自身のツイッターを更新。カヌー・スプリントの男子選手がライバル選手の飲み物に禁止薬物を混入させていた問題を受けて、自身の経験を記した。

 為末氏はこの問題を報じたニュースを引用し、「誰かから渡された飲み物は飲むな。ペットボトルはかならず開けた時に音がするか確かめろと言われたな」とこのような被害を防ぐために指導されていたことを明かし、注意を呼びかけた。

 元トップアスリートのツイートにユーザーからも「怖い世界だなぁ」「身内すら信用出来ませんね…」など多くのコメントが寄せられている。