U23選手権連覇に挑む森保ジャパン…新年最初の大会で「一戦一戦を大事に」

写真拡大

 9日に中国で開幕するAFC U−23選手権中国 2018の公式会見に、U−21日本代表を率いる森保一監督が出席。「一戦一戦を大事に戦いたい。6試合することを目標に、優勝を目指してやっていきたい」と意気込みを語った。

 初の公式戦となる大会に向けて、森保ジャパンは1月2日から始動した。正月ムードの中、大阪府内で合宿を実施。指揮官は「いい状態に仕上がってきている」と手応えを示す。

「我々がやろうとするコンセプトのベース作りを大会前の準備から行って来た。そしてこの大会を通して、クオリティを上げていきたい」

 B組の日本は10日にパレスチナ、13日にタイ、16日に北朝鮮と対戦。各組2位までは準々決勝に進む。「すべてのチームに特長があり、強いチームだと思っている。我々は最善の準備をして強豪チームと対戦し、次のステージに進めるように目標を持って臨みたい」。森保ジャパンが16年大会に続く連覇を狙う。