日本カヌー連盟は9日、昨年9月に行われたカヌー・スプリントの日本選手権(石川県小松市)で、鈴木康大選手(32)が小松正治選手(25)の飲み物に禁止薬物の筋肉増強剤を混入させ、小松選手がドーピング検査で陽性となったと発表。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は、暫定的資格停止処分となっていた小松選手の処分を解除し、鈴木選手に8年間の資格停止処分を科すと発表した。

 日本カヌー連盟の調査の結果、小松選手の検体からメタンジエノンの代謝物が検出された理由は、同じカヌー競技の競技相手であった鈴木選手が、小松選手がドリンクボトルから離れていた時間を利用して、禁止物質を含むステロイドを混入させていたためと判明した。

 日本カヌー連盟の古谷利彦専務理事は9日、都内で会見し、「スポーツマンシップという日本人の皆さんが長年積み上げられてきた美徳を著しく失墜させるもの。指導が行き届かず、おわび申し上げる」と謝罪した。

 小松選手は「今回、周囲の皆様のご支援を得て、競技生活に復帰できることとなったことについて心より感謝の言葉を述べたいと思います。2020年の東京オリンピック出場を目指して、日本代表として、今後とも競技に精進していく所存です」とコメントを発表した。