Google、社員向け自転車の盗難多発に業を煮やしハイテクで対抗。GPSトラッカーとスマホロックを試験導入
Googleは社員向けに無料で提供しているレンタル自転車、通称「Gbike」の盗難多発に業を煮やし、GPSトラッカーやスマホ利用ロックといった手段で対抗を試みています。

同社はカリフォルニア州マウンテンビューにあるキャンパス(会社敷地)内で、約1100台もの無料自転車を保有。しかし週に100〜250台もキャンパス内から持ち出される事態を前にして、対策を検討しているとのことです。米The Wall Street Journalによると、Googleは10年前、シリコンバレー初の社員向け自転車共有プログラムを開始しました。アップルやFacebook、ウォルマートといった他社もその後に続きましたが、各社は一晩で自転車にロックをかけるか、チェックアウトを求めています。一方、Googleはこれまで鍵もかけず、特に制約を設けませんでした。

キャンパス内から自転車を持ち出しているのはプロの泥棒というよりは、同社のお膝元であるマウンテンビューの住人たち。Gbikeは地元の学校や近所の芝生、町の小川の底でも発見され、化粧品ブランドCMに登場した人物も乗っていたとか。

はてはGoogleのライバルであるOracleの社員や、マウンテンビューの市長でさえ映画を観に行くために使っていたとのこと。従業員向けの福利厚生が、街のコミュニティサービスと受け取られていたようです。

Googleが昨年末にGPSトラッカーで自転車を追跡したところ、メキシコやアラスカ州まで持ち去られていた車体もあったとのこと。一部は住人がカジュアルに無断使用し、一部は組織的な盗難が行われているもようです。

しかし住人に定着してしまったため、自転車を管理する動きに対して反発もあるとのこと。管理担当者が自分の家族の前で自転車にロックをかけようとしたところ、「誰かがそこに着いたとき、立ち往生するじゃないか」と抗議されたそうです。

かつて「Don't Be Evil(邪悪になるなかれ)」を社是としたGoogleですが、2015年10月には同社を傘下としたAlphabetが「Do the right thing(正しいことをやれ)」という社訓に改めたことは有名です。自転車をカジュアルに無断使用する地域住民にも同じ精神が求められるのかもしれません。