【ソウル聯合ニュース】大韓貿易投資振興公社(KOTRA)と韓国電子情報通信産業振興会が、米ラスベガスで9〜12日(現地時間)開催される世界最大の家電見本市「CES」に韓国パビリオンを設ける。2000年から毎年設置してきたが、今年はIT関連のスタートアップ企業や中小・中堅企業、計57社が参加し、最大規模となる。

 超高圧送電線の点検や断線防止作業に用いる自動飛行のドローン(小型無人機)や、仮想現実(VR)技術の総合ソリューション、高品質のヘッドセットなどが出展される。

 KOTRAは米ヒューレット・パッカード(HP)やアマゾンなど大企業の調達担当者を韓国パビリオンに招き、韓国企業と商談できるようにする計画だ。