さて、その3で東京エキサイティングカーショー〜東京オートサロンを見てみよう…は締めといきましょう。

平成です。世の中はもちろん、チューニングの世界も新たな時代のスタートです。この時代はそう、チューニング業界を一変させたといっても過言ではない、R32・GT-R誕生の年ですヨ! サーキットでも最高速でもゼロヨンでも、ビックリな記録が続出するのはこの後の時代からですが、89〜90年は1番刺激的なショーだったことに間違いはない!と、断言いたします(笑)!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【東京オートサロン1989】

1989年1月6〜8日 東京国際貿易センター新館1F・2F

来場者数:15万0297人
【1989年とは?】新元号・平成スタート/消費税3%スタート/プリンセスプリンセス「世界でいちばん熱い夏」ヒット/TVアニメ「ちびまる子ちゃん」放送

開催中に昭和から平成へ…、神妙な雰囲気の中での東京オートサロンでもあったこの回は、出展車両114台、総入場者数15万人突破! もう、これはチューニング文化確立ですね! バブルで世の中浮かびまくり、ディスコのお立ち台は満員御礼状態です。ノーマルカーのポテンシャルも上がり、チューニングもグンと進歩していく元年とも言えますね。

【東京オートサロン1990】

1990年1月12〜14日 東京国際貿易センター新館・西館
来場者数:15万3882人

【1990年とは?】雲仙普賢岳噴火/スーパーファミコン大ブーム/米米CLUB「浪漫飛行」ヒット

チューニング好きにとって、もっとも光り輝いていた時代…1990年はまさにそんな年でした。R32で復活したGT-Rがチューナー魂を燃え上がらせ、3ナンバーの大排気量ターボ時代です。テンロククラスではユーノスロードスターが大人気に! チューナーは自由に、ユーザーはチューニングメニュー豊富で選び放題…そんな刺激的な時代です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、3回にわたって駆け足でしたが80年代の東京エキサイティングカーショーからの東京オートサロンを見てきました。

チューニングの時代が変わり、元号も変わり、燃費の悪さを競っていた感もあり!? バブリーな良い時代だったことがつい最近のようにも感じます。エコカー? 電気自自動車? 水素自動車? 私たちにはカケラも見えなかったイケイケな時代。そんな時代をあらためて思い出した後で。2018年の東京オートサロンを見て、触って、感じてみるのも楽しそうです。

では皆様、幕張メッセでお待ちしております!

【OPTION 1989年〜1990年より(The LEGEND of OPTION)】

(Play Back The OPTION by 永光やすの)

【関連記事】

TOKYO AUTO SALON 2018公式サイト
http://www.tokyoautosalon.jp/2018/

「改造車の祭典」はオイルと排ガスの香りが漂っていた!? 昔の東京オートサロンを見てみよう! その1【Play Back the OPTION Spin off】
https://clicccar.com/2018/01/07/546355/

「東京オートサロン」に名称変更されたのは「あぶない刑事」と同じ1987年から。昔の東京オートサロンを見てみよう!その2【Play Back the OPTION Spin off】
https://clicccar.com/2018/01/08/546575/

東京オートサロンの原点は「おしん」「東京ディズニーランド」と同じ年の「第1回東京エキサイティングカーショー」
https://clicccar.com/2017/01/25/439956/

平成のスタートとともにチューニングパワー炸裂! 昔の東京オートサロンを見てみよう!その3【Play Back the OPTION Spin off】(http://clicccar.com/2018/01/09/546617/)