パナソニックは、トヨタと車載電池(全固体電池)の協業検討を開始するなど、電池事業を柱のひとつに掲げています。2018年1月9日、パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、小型EVソリューション「ePowertrain」プラットフォームを開発したと発表しました。

なお同社は、これまでEV、PHEV(プラグインハイブリッド車)、ハイブリッド車などの電動車両向けに電池をはじめ、車載充電器、フィルムキャパシタ、DC-DCコンバータ、EVリレーなど幅広い製品を開発、納入してきたという実績があるそうです。

同プラットフォームは、「CES 2018」で披露されるもので、EV(電気自動車)の開発効率化に貢献するのが狙いで、主要なグローバルカーメーカーの電動車に採用実績のあるデバイスをシステム化したものだそう。

パナソニックは、世界的にEVの急速なニーズ拡大が見込まれている中、従来の乗用車だけでなく、二輪EVや新しいタイプの超小型EVなど、地域ごとの様々な生活スタイルや用途に合わせた多彩なモビリティの登場に対応するとしています。

二輪EV、超小型EV向けに開発された「ePowertrain」の特徴は、統合小型、高効率、拡張性に優れた省電力で安全性の高いパワートレインだそうです。

プラットフォームは、電源システム部(車載充電器、ジャンクションBox、インバータ、DC-DCコンバータ)とモーターから構成されています。車両のサイズや要求される仕様(走行速度やトルクなど)に応じて、基本システムを組み合わせて使用できるというモジュール式で、開発コストの削減や開発リードタイムの短縮にも貢献できるとしています。

(塚田勝弘)

【CES 2018】パナソニックが小型EV、二輪EV向け「ePowertrain」を披露(http://clicccar.com/2018/01/09/547184/)