北朝鮮代表の李委員長=9日、板門店(写真共同取材団=聯合ニュース)

写真拡大

【板門店聯合ニュース】南北軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で9日午前10時(日本時間同)に始まった韓国と北朝鮮の高官級会談で、北朝鮮代表団の首席代表を務める対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長は「南北当局が真摯(しんし)な立場、誠実な姿勢で今回の会談を成功させ、全民族に新年の贈り物、価値のある結果を出してはどうかと考える」と述べた。

 李委員長は会談の前のあいさつで「北南対話と関係改善を願う市民の熱望は、例えるなら厚く凍りついた氷の下の激流のように凍りも休みもしない。その強烈さによって北南高官級会談という貴重な席が設けられたと考える」と力をこめた。