会談の会場に入る趙氏(右)と北朝鮮首席代表の李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長=9日、板門店(写真共同取材団=聯合ニュース)

写真拡大

【板門店聯合ニュース】韓国と北朝鮮の高官級会談が9日午前10時(日本時間同)、南北軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で始まった。韓国首席代表の趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官は会談の冒頭、「南北関係は長い間断絶していたが、(ついに)会談が始まった」として、「粘り強く会談を進めたい」と述べた。

 趙氏は「急がず、粘り強く一つ一つ解決していきたいと思っている」と表明。会談の中心議題となる来月9日開幕の平昌冬季五輪と平昌パラリンピックへの北朝鮮の参加について、「多くの国から大切なお客さんが来るが、特に北側から(も)大切なお客さんが来るため、平昌五輪とパラリンピックが平和の祭典として開かれることを期待している」と述べた。